転職のコツはこの人と一緒に働きたいと思わせる事

公開日: : 転職

エンジニアの転職にとって、より良い転職先得るのに最も強みとなるのはやはり今まで自身のやってきた仕事の中身でしょう。

前に勤務していた会社では、具体的にどういった仕事をしていたのか、仕事以外でもアウトプットしたものがあればぜひ、人事担当者にアピールしたいものです。仕事内容はもちろん、仕事以外でのアウトプットももちろん評価のうちに入るのでおろそかにはできません。
人事担当者にとって「この人と一緒に働きたい!」と思わせるような自己アピールを心掛けましょう。

転職先の選定ポイント

まず、転職先の選定です。エンジニアが転職を考える大きな要因には、給与・勤務時間などの待遇があげられると思います。まずは、どうして自分が転職したいのかしっかりと見つめなおしましょう。
給与面に不満があるからでしょうか。それとも、勤務時間に問題を感じているのでしょうか。もしかしたら人間関係に悩んでいるのかもしれませんね。
こういった転職したいと感じる要件を明確にしておかないと、転職先でも「こんなはずではなかった…」というトラブルになりかねません。

またエンジニアの転職は、引く手あまたとはいえ、年齢やスキルによって転職のしやすさの大きな差が出てきがちです。あまりに若くて転職先を探しても、「スキルがあるのか」「前の職場で問題があったのだろうか」と思われがちです。またエンジニアとしてある程度スキルを重ねえきた年齢では、やはり年齢に見合ったプロジェクトへの参加や年齢に見合ったスキルを持っているかが重要視されます。あはり年齢に見合ったスキルを持っていないと判断されれば転職は難しいでしょう。
エンジニアの転職しやすい典礼は一般的に28歳前後と言われています。思い立ったら吉日…ではないですが、ある程度年齢も考慮して転職の時期は選びましょう。

転職先の探し方

とはいっても、忙しく仕事をこなしながら転職先を探すのはなかなか容易ではありません。
そこで活用したいのがエンジニアの転職に特化した求人サイトへの登録です。「マイナビ転職エンジニア」や「エンジニア転職」などといった求人サイトがたくさんあります。

なるべくこまかく「勤務地」「勤務時間」「給与」などといった希望条件を登録しておきましょう。サイトによってはおすすめ求人を表示してくれるものもあります。こまめにチェックしてみましょう。
また転職エージェントを利用するのも効果的です。
エンジニア転職サイトに登録すると、あなたの転職をサポートしてくれるエージェントが付きます。
エージェントはあなたの希望に合った企業」を紹介してくれたり、企業と求職者のマッチングを行います。この人たちは、転職のプロですので、知名度はあまり高くないけれど採用意欲のある会社などの穴場情報を抵抗してくれることもあります。

なお、エージェントは大抵エンジニアの分野・業界ごとに担当の分野があります。こういった業界の流れだったり、トレンドといった動きも熟知しています。面接に向けて、業界で求められてるスキル情報なども収集しましょう。

さらに、エージェントは書類チェックをしてくれる場合もあります。業務内容のすべてに通じているわけではないので、実際のスキルの内容等については言及してもらえないことも多いですが、「こういった点はもっとアピールしたほうがいい」「ほかにこういう仕事はしていなかったの?」「ここはこうしたほうがより人事担当者にとって読みやすくなりますよ」といったアドバイスがもらえることがあります。
エンジニアの履歴書は、とくに専門用語で埋めることに満足してしまったり、かかわってきたプロジェクトの羅列になってしまいがちですが、こういった第三者の目を取り入れることによって、より人事担当者にとっても魅力的な履歴書を作成することができます。
ぜひ、日ごろからこまめにエージェントと連絡を取り合い、的確なアドバイスをしてもらえるよう信頼関係を築いておきたいですよね。

転職希望先が決まれば次は面接の準備を行います。面接準備では履歴書以外にもスキルシートを持っていくことをおすすめします。
履歴書は、職務履歴、志望動機、自己PRなどの項目がありますがいずれも重要な項目です。きちんと答えられるようにしっかりとじぶんの中で考えをまとめておきましょう。
履歴書と同じくらい、または履歴書以上に人事担当者にアピールできるのはスキルシートです。スキルシートには自分が今まで担当した仕事や、自分の開発してきたプロジェクトについて記述します。
仕事以外でも、個人での活動を記述するのも効果的です。業務以外ではどのようなことをしてきたのかも評価のポイントになります。
ウェブ関連のエンジニアの方ならば、実際にHPを開設してみたり、ブログを書くといったものも効果的でしょう。最初はアクセス数など気にせず、自分にはどういったものが作れる・どういったスキルアgあるかを人事担当者にしっかりとアピールできるいいチャンスとなります。
もし、FacebookやTwitterなどのSNSを普段から活用しているのならば、それらのアカウントを知らせるのもいいかもしれません。

面接担当の人事があるのは、その人のスキルだけでなく、その人の人柄でもあります。
SNSでは、その人の普段の様子が分かります。特に隠したくないのであれば、ぜひアカウントをしらせておきましょう。「勉強会に参加した」などの投稿はそれだけでも好印象ですし、エンジニアならばSNSくらいは使いこなせるようにしておきたいものです。(人事担当者は、興味のある面接者ほど検索します。あとあとアカウントが見つかって気まずい思いをするよりも、事前にSNSも転職対策をしておきましょう)

面接では、求人サイトでの情報以外の詳細についても質問ができるチャンスです。
給与や待遇についてもここで少し突っ込んだ質問をしておきましょう。うまくいけば、給与・待遇についての交渉に持っていくことができます。
面接で気を付けたいことは「残業できます!」「土日出勤可能です!」と必要以上に、自分から労働環境を悪くすることです。ここで自ら労働環境を悪くする必要はありません。

エンジニアとは、どうしても残業がおおくなったり、納期前には土日出勤をせざるを得ない職業です。
少しでも快適な転職ライフを送るためにも、無理して「働けます」アピールをしすぎないように気を付けましょう。(人事担当者によっては、「この人は仕事のペースが遅いからこんなにも労働時間が長くなっても大丈夫だとアピールするのだろうか」と判断されてしまい、仕事ができないのではないかと思われてしまうこともあり得ます。せっかく働く意欲があるのに、そのように思われてしまってはもったいないですよね)

よりよい転職先とご縁があるのは、やはり自分自身に目標があり、それを明確にできた人です。
転職を考え始めたら、「自分はどのような仕事で活躍したいのか」「どのようなスキルを身に着けたいのか」といった具体的な進路を明確にしましょう。やはり目先の給与だけにとらわれず、長い目で見たスパンで自己分析を行うことが重要と言えましょう。

エンジニアの転職は、かなりのエンジニアが経験するものです。
目先の利益だけとらわれず、目的を持った転職をして、さらなる自身のスキルアップを目指してください。すべての転職希望のエンジニアが、転職前に身に着けたスキルがしっかりと次の職場で生かせる、より良い労働環境を手に入れさらなる活躍ができますように。

関連記事

no image

プログラマーの求人に応募する際に有利な資格

プログラマーの求人に応募する際「資格不問」となっていても、あればあったに越した事はなく信用度に繋がる

記事を読む

no image
IT企業のプログラマーの求人に応募した体験談

フリーター(社員の職歴なし)から、未経験・情報関係の知識がほぼない状態

no image
プログラマーの求人に応募する際に有利な資格

プログラマーの求人に応募する際「資格不問」となっていても、あればあった

no image
転職のコツはこの人と一緒に働きたいと思わせる事

エンジニアの転職にとって、より良い転職先得るのに最も強みとなるのはやは

no image
プログラマーの年収・収入の相場と収入を上げる方法

プログラマーの年収って気になりますよね。 ピンキリですが、ご存知グー

no image
プログラマー未経験でも研修についていく方法

未経験の人って大変ですよね、自分が知らない業界に踏み込むのはとても勇気

→もっと見る

PAGE TOP ↑