ブラック企業の見極め方法

公開日: : 未分類

現在、どの業界でも人手不足が叫ばれております。

転職市場におきましてもそれは顕著でありまして、ほんの2、3年前までは買い手市場だった業界も今では完全な売り手市場と化しております。

そんな売り手市場の転職市場におきまして、エンジニアという職種の求人倍率はうなぎ上りに上がっております。

いわば、今転職を考えているのであれば、それほど高い確率でブラック企業に当たるとはいえません。

ブラック企業などはこの売り手市場の世の中、エンジニア求職者からは見向きもされないはずでして、高い広告費を出しも全く人が集まらず、せこせこと撤退している状況にあります。

しかし、世の中にブラック企業が存在する限り、ブラック企業に入社してしまう可能性はありえます。

ではどうすればその見極めができるのでしょうか。

考えうる対策は以下の通りです。

まず、現在の転職活動においては、いわゆる大手求職会社のサイトはあくまで情報入手ツールとして使い、実質的には人材紹介会社で転職先を決定してください。

リクナビ、マイナビ、エンジャパンといった転職サイトでの活動は求職者が下手に動くことになります。

それは現在のトレンドとはマッチしておりません。

現在の転職活動の基本は、人材紹介会社に登録し、人材紹介会社のキャリアアドバイザーときちんと顔を合わせて面談し、時間をかけてゆっくりと慎重に企業選びをするということです。

こうすることで求職者がきちんと会社を選ぶ立場になり、上手に動くことができます。

求職者としては一切お金がかかりませんし、紹介された会社が気に入らなければ断ればいいだけです。

話が進んだ場合には先ほどの転職サイト等を利用して情報を得て、自分自身が納得し、ブラック企業ではないと判断してから入社すればいいのです。

人材紹介会社と転職サイトを上手に利用して、ブラック企業トラップにひっかからないようにしてください。

関連記事

no image

退職~会社設立へ

私は東証1部上場ソフトウェア開発会社に30年近く勤めています。 先週、退職願いを部長に提出し受理さ

記事を読む

no image

システムエンジニアへの転職

IT業界のエンジニア、特にシステムエンジニアは、他のエンジニアに比べれば、比較的敷居が低く、未経験者

記事を読む

no image

求人に応募する前にチェックしたいポイント

プログラマの仕事はものすごい長い拘束、多い仕事量、過酷なイメージがついて回ります。それは事実であるこ

記事を読む

no image

エンジニアとして転職するなら始めの3年が鍵

現在私の勤めている会社ではエンジニアさんがいます。今回はそのエンジニアさんの話を元にエンジニアの転職

記事を読む

no image
IT企業のプログラマーの求人に応募した体験談

フリーター(社員の職歴なし)から、未経験・情報関係の知識がほぼない状態

no image
プログラマーの求人に応募する際に有利な資格

プログラマーの求人に応募する際「資格不問」となっていても、あればあった

no image
転職のコツはこの人と一緒に働きたいと思わせる事

エンジニアの転職にとって、より良い転職先得るのに最も強みとなるのはやは

no image
プログラマーの年収・収入の相場と収入を上げる方法

プログラマーの年収って気になりますよね。 ピンキリですが、ご存知グー

no image
プログラマー未経験でも研修についていく方法

未経験の人って大変ですよね、自分が知らない業界に踏み込むのはとても勇気

→もっと見る

PAGE TOP ↑